CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
CATEGORIES
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
OTHERS

ほき動物クリニック

ほき動物クリニックのスタッフが綴るブログです。
元気になったよ!レイちゃん。〜被災ペット達の幸せを願います〜
 
その後のレイちゃん、無事退院しお母さんと再び一緒に暮すことができて本当に良かったです。
数日おきに傷のチェックと包帯交換で通院はしていましたが、傷の状態や健康状況も良いので通院もあともう少しで大丈夫そうです。

2週間の入院ですっかり病院にも慣れてくれてしっぽを振ってこちらの問いかけにもこたえてくれるレイちゃん。
本当に心から嬉しく思います。。。


地震当日、突然の津波に襲われきっと何がなんだか分からぬうちにお留守番をしていたレイちゃんはあっという間に流され、がれきの中に閉じ込められていたとのこと。。。ご自宅も全て流され、レイちゃん自身もご自宅があった場所からずいぶんと遠くに流されていたそうです。。


本日被災の状況などの取材にきていた局の方にに、当時の様子をお話されていたレイちゃんのお母さん。
どんなにか辛かったとお察しする中、当時の様子をゆっくりとお話しくださいました。本当に感謝申し上げます。。。

レイちゃんが発見された日と、レイちゃんのことを大好きだったお父さんとの悲しい対面があった日が同日だったと。。。ご家族のお気持ちを察すると、なんと言葉をかけてよいのか分かりませんでした。。。


レイちゃんのお母さんはこうして「たまたま」が続いてこうして元気にしていられると・・・こうしてお話してくださる背景には、もっと被災地の現状を多くの人に知ってもらいたい、レイのことで逆に誰かのお役にたてるのならと。。。


 ・明日4/8(金)午後4〜5時のRAB放送「きんこれ」で青森の被災等について放送される予定です。
他にも青森市では被害はなかったようですが、八戸市では津波の被害が



改めて、今回の大震災を通して、動物達の処遇等今後考えなければならないことがたくさんあるように思いました。


震災直後、情報も物資も場所によって大きく差があったとのこと、動物たちのこと、中には津波から助かったけれどその後治療も十分にできず命を落としてしまった子もいる現実。


そして動物の医療従事者として出来ること、考えなければならないこと、たくさんあるはずだとつくづく感じています。


でもまずは人命、人の復旧が優先で必要なのも事実。。。
でも同じくらい大事な家族であるペットをどう守っていくかが、どう受け入れてもらえるかもとっても大切な課題です。


目の前にいる大切なこの命をしっかり守っていきたい。。。









| 近況〜大震災を経て… | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お散歩大好き!レイちゃん
先日、ご紹介した被災犬のレイちゃん

足やおしりの傷が治るには、まだ時間がかかりそうですが、
毎日元気に過ごしています

朝と夕方、お外にお散歩に行くのですが、
毎回はりきって行っています



お散歩ダイスキ〜という表情でお散歩してます

そんな姿にこちらも元気をもらっています




院内にいるときはおしりの傷が床などにつかないよう、消毒して薬をつけたあと
オムツをはいています。
黄色いボーダーのパンツ、飼い主さんからもスタッフからも
似合う〜と大好評でした




当院で集めています被災動物への支援募金、あたたかい飼い主さんちの気持ちが
たくさん集まっています。
今月に一度集まった分は、当院会員でもあります日本動物病院福祉協会へ送り
被災動物への支援につかっていただきます。
募金は来月もまだ募っていきますので、ぜひご協力をお願いいたします。
| 近況〜大震災を経て… | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
被災犬のレイちゃん
 

11日・・・大地震による津波で石巻の自宅にいたダルメシアンのレイちゃん(11歳)が大きな波にさらわれました・・

幸い、波が海へ戻るときにがれきに挟まれ、命は取りとめました。

しかし、がれきに体をはさまれ身動きとれない状況だったようです。

 

そして、4日後の15日。近所の方ががれきに挟まっているレイちゃんを発見してくれたそうです。

発見された時は鳴く声も出ない状態だったそうです・・・

ごはんも食べることができなかったそうです・・・

 

その後、飼い主さんと再会し、まっすぐ当院へ向かって18日の朝に診察・治療を開始することができました。

右後肢の損傷、おしり全体は長い間挟まれていたことによる傷の化膿で腫れて膿が出ている状態。顔や足などにはすり傷・・・

レントゲン・血液検査の結果、骨折などはなかったものの血液検査では肝機能・腎機能ともに高くなってしまっていました。

 

すぐに点滴を開始、傷の消毒など治療を開始しました。

とってもおとなしく治療を受けていました。



 



今は傷の状態も少しずつ良くなり、腎機能は正常に戻り、肝機能はまだ正常値よりは高いものの治療開始時よりはだいぶ下がってきています。

毎日、元気に散歩へ行き、少しムラもありますが、食欲もあります。

もう少し傷の状態がよくなってきたら、退院できそうです。

 

飼い主さんの承諾も得て、レイちゃんの少し詳しい内容を載せさせていただきました。

被災者の方々をはじめ、被災にあった動物たち、レイちゃんも想像を絶する思いをしたと考えるだけで言葉になりません。

胸がいたみます。

 

しかし、レイちゃんのように無事飼い主さんと再会でき、快方に向かっていることは被災者の方々や私たちにも励みになると思います。

 

被災地ではまだ支援が必要な動物がいるようです・・・

苦しんでいる動物への手助けになればと思い、被災動物への支援募金箱を設置しております。

当院へお越しの際は、あたたかいご協力をよろしくお願いいたします。受付カウンターに設置してます。

 


おりこうさんで甘えん坊なレイちゃん
もう少しで大好きな飼い主さんの
ところへ帰れそうです

| 近況〜大震災を経て… | 17:29 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
Pray for Japan
11日東北で大きな被害をもたらした大地震。。。
先日9日ぶりに救助されたという報道には本当に勇気づけられました。。
人命はもちろん、まだまだ保護されていない動物達もたくさんいるとのことです。
ひとつでも多くの命が救護されることを祈らずにはいられません。。。

当院でも被災地でがれきに挟まれ身動きできずにいたワンちゃんが無事保護され、治療をしています。さぞ怖かったことと思うと本当に胸が痛みます。
ここまでの数時間の移動も本当に大変だったことと思います。

体の傷だけでなく、心も傷ついているであろうその子は、少しづつ表情も変化しとってもおりこうさんに治療を受けています。
人ももちろんですが、動物たちも同様にこうした災害の過酷な状況に心が傷つくのです。
1日も早くケガが治り、心も満たされるように精いっぱいケアしてあげたいと思っています。


被災地ではまだまだ飼い主さんとはぐれたままのペット達がたくさんいるそうです。。
それでも首輪に鑑札や迷子札が装着されていることで後日連絡とることができることもあるとのこと、、つくづく大事なことだなぁと感じています。
是非皆さんも鑑札や迷子札付けてあげてくださいね。

1匹でも多くのワンちゃん、猫ちゃんが飼い主さんとまた一緒に暮らせる日が来るようお祈りいたします。。。



| 近況〜大震災を経て… | 13:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |